セックスロボット

孤独な人々の欲望を解決するセックスロボットです。

全43件の結果を表示中

未来のセックスロボット

セックスロボット発声機能

今、すでに簡単な発声機能を持って高級ラブドールが発売されていますが、その体験はとても貧弱です。 高級セックスドール愛好家の主なニーズは、性体験のニーズと感情な交際のニーズの2つです。オーガズム発声とAI知能音声対話機能は、市場で最も優れたAI音声オペレーティングシステムをベースに開発される予定です。 AI音声OSを開発している海外企業としては、アップル、グーグル、アマゾンなどが知られています。 中国でAI音声OSを開発している企業としては、テンセント、バイドゥ、タイガーハント、科達迅雷などが有名です。 ハイエンドドールでは、センサーがインタラクティブな反応を検知し、オーガズム発声やAIによるインテリジェントな音声対話のきっかけとなる仕組みが確立されています。

体温を一定に保つために、人間のような温めることができる。

現在市販されている加熱機能付きのセックスドールは、基本的に胸や太ももの内部にいくつかの発熱線が埋め込まれており、通電すると発熱する仕組みになっています。 電気を流すと、この電線が発熱し、人が使用するとシルクの温もりを感じ、擬似的に人間のオーガズムの体温上昇の効果を得ることができるのだそうです。 しかし、この方法で電線を埋めると、加熱が不均一になり、コールドピース・ホットピースになってしまうという問題があります。 加熱機能の設計の本当のラブドールは、サーモスタットで制御された加熱ネットワークの大きな面積の外表面に埋め込まれたラブドール減量ライナーで、基本的に皮膚のすべてのインチは、実際の人のように一定の体温を持つことができる行うことができました。

表情や体の様々な動きをすることができる。

今後の>strong>セックスロボットは急速に進化し、自動運動、表情変化、双方向音声コミュニケーション、体温一定、人間のオーガズムの模倣、紅潮反応、痙攣反応、体液分泌などが徐々に実現し、より人型に近いセックスロボットになっていくと思われます。 模擬人間の実体のセックスドールの未来は、二次的な性格にもっと重点を置くでしょう。各ラブドールは綿密な性格IPを実施して構築し、ラブドールが完璧な初恋の体験と感情的な交際の体験をするようにします。

AI セックスドール

初めて AI セックスドールを所有する人の中には、夢が実現する人もいます。 官能的なタッチに反応し、コミュニケーション能力を持つ実物大のリアルなロボットを所有することは、贅沢さのほんの一部に過ぎません。最新の AI 技術を駆使したロボット人形は、孤独を殺して性生活に喜びを与えるために必要なものです。 これらのスマートな性の人形の形で、 1 つは最終的に人間がするように多くを相互に作用し、学習を続けてもいい友達を有することができる。

この旅をさらに興味深いものにしているのは、オンラインでセックス人形ロボットを買うことができるということだ。 このコレクションページでは、今すぐ購入して無料でお届けする、厳選された AI テクノロジーロボットをいくつか紹介しています。

セックスロボットとは

セックスロボットは、性的使用のために設計された、さまざまな素材、技術、価格帯の、人間に似た、全身が解剖学的に正しい人型のサービスロボットと定義されているセックスロボットは、セックスドールに似ているが、センサー、アクチュエーター、人工知能(AI)を備えている。これらは、非インタラクティブで動かない前駆体のアップグレードとして特徴づけるために、AIセックスドールやロボットセックスドールと呼ばれることもある。

性別を表すセックスロボットには、fembotとmalebot、あるいはgynoidとandroidという2つの用語が使われる。セックス・ロボットは、セックス・ドールの属性や機能をすべて備えており、さらに、会話能力や感情、あらかじめプログラムされた人格を表示することができる。さらに、自慰行為のための手の動きなどの性的な動きや、オーガズムのシミュレーションなど、部分的に自律的な行動をとることも可能です。

しかし、既存のセックスロボットの行動範囲は非常に限られています。また、大きくて重く、技術的にも高度な製品であるセックスロボットは、取り扱いやメンテナンスが大変であることが想定されます。セックスロボットは、セックスドールと同様に、性的な機能によって定義されるが、セックス以外の機能(例えば、社会的な交友関係)にも適している。

現在販売されているセックス・ロボットと、将来の高度なセックス・ロボットの概念を混同してはならない。これらのロボットは、感覚、意識、自由意志、道徳を持ち、場合によっては市民としての法的地位を持つと想定されている。

また、家事や用事をこなし、子供の世話をし、高齢者の世話をし、性的サービスを提供する、家庭用の多機能アシスタンス・ロボットの未来像もある。こうした想像上の高度なセックス・ロボットや性的機能を備えた多機能ロボットは、SF(スウェーデンのテレビ・シリーズ「リアル・ヒューマンズ」や米国の映画「エクス・マキナ」など)や最近の哲学的・法的なセックス・ロボットの議論に登場するが、現在の技術開発の状況からはほど遠い。