ギャル系ラブドール

いつも元気いっぱいのギャル系ラブドールは、最もおしゃれなラブドールです。

結果の1~60/85を表示しています

ギャル系ラブドールとは

ギャル系ラブドールは、そんな女性のファッションスタイルを模して作られた美しいラブドールです。
ギャル系コーデの特徴
元祖ギャル系といえば、以下の特徴があります。
今はもう見ることの少ない、旧ギャル系ファッションの特徴からご紹介します。

日焼けした肌
日サロといわれる日焼けサロンが大ブームを巻き起こし、健康的な小麦肌が流行りました。日焼けを更に極めたガングロギャルなども登場し、黒い肌は一種のファッションアイコンのようなものでした。

明るい髪色や派手なヘアスタイル
明るめの茶髪から金髪、ピンクやグリーンなどのメッシュを入れたヘアスタイルが定番でした。この当時、人工の髪を編み込みなどで付け足すエクステが大流行しました。

派手なメイク
つけまつげやカラコン、濃い色のアイシャドウや目の周りをぐるっとかこんだ囲みメイクが特徴でした。

露出度高めの服装
ミニスカートやショートパンツなどの肌の露出度が非常に高い服装が定番ファッションでした。

ルーズソックス
大ブームを起こしたルーズソックスは、中学生〜高校生の定番の通学スタイルでした。

厚底
厚底サンダルや厚底ロングブーツなどとにかく底の厚い靴がポイントでした。

旧ギャル系と共通する部分も多々ある新ギャル系ですが、大きく変化したポイントをご紹介します。

日焼け派と美白派
美白のギャルが増え、日焼け派のギャルの割合は低くなりました。旧ギャル系では考えられないことですが、今現在ではどちらの肌色でもギャルという枠に入るようになりました。

二重にこだわったアイメイク
アイプチやアイテープなどで二重メイクにこだわる人が増え、そのための二重アイテムも多数登場しました。現在ではプチ整形が流行しており、目の二重整形は特別なものではなくなりつつあります。

まつげエクステ
つけまつげから、まつげに直接毛を付けるまつげエクステが主流となりました。まつげエクステはギャル系だけでなく全てのジャンルの方が楽しむ新たな美容アイテムとなりました。

個性を大切にしたヘアスタイル
ヘアスタイルに特に決まりはなくなり個性を重視したヘアスタイルが主流となりました。一時はとにかく「盛る」ことでボリュームを重視していましたが、現在はロングやボブ、巻き髪やストレートなどその時々のヘアスタイルを楽しむようになっています。