CategoriesTPEタグ シリコン 高級

TPEとシリコン素材の違い

ダッチワイフを購入するとき、シリコン製ダッチワイフやTPE製ダッチワイフをよく見かけますが、これらの人形はさまざまな素材で作られており、購入するときに必然的にいくつかの問題が発生します。人形を選択的に愛するにはどうすればよいですか? どのような素材のダッチワイフが人間の肌に近いですか?どのような素材のダッチワイフの寿命が長いですか?使用中に健康に影響を与えない人形はどのようなものですか? どの大人のおもちゃが安いですか?それらの価格の違いは何ですか? 上記の質問に対する答えを知り、購入に関する疑問を解消したい場合は、このまま読み続けてください。TPEラブドール とシリコンダッチワイフの違いをより包括的に理解するのに役立ちます。

TPEとシリコン素材の違い

シリコンやTPE素材とは何ですか?

シリコーンには安全性と無毒性という利点があります。シリコーン素材は水や溶剤に溶けず、無毒、無味、化学的に安定しています。強アルカリとフッ酸以外には反応しません。シリコーン人形は高い吸着性能、優れた安定性、安定した化学的特性を備えています。シリコーン素材は化学的に安定しており、柔らかい弾力性を長期間維持できます。操作性など シリカゲルは特殊なゴムの一種です。架橋後の機械的強度、耐摩耗性、耐高温性に優れています。熱硬化性ゴムです。加硫後、再度加熱しても溶けません。水とシリカ用。シリコーン製ダッチワイフや食品などのアダルト製品に広く使用されています。

TPE の用語説明: TPE は熱可塑性エラストマーであり、環境に優しく、無毒で、着色しやすく、滑らかで柔らかい手触りです。加工や成形が容易で、加硫処理が不要で、リサイクルできるためコストを削減できます。常温ではゴム弾性を持ち、高温では溶融・流動する各種エラストマー材料の総称です。また、PP、PE、PC、PS、ABSなどのプラスチック材料でコーティング(オーバーモールド)したり、別途成型することもでき、成人向け製品としても広く使用されています。

リアルドール

では、以前との違いは何でしょうか?

  1. 感じられる

シリコーンは一般的にわずかに硬く感じられますが、TPE は非常に柔らかくなります。もちろん、シリコンを非常に柔らかくすることもできますが、コストは大幅に増加します。また、現状の国内は0度にしますので、操作は可能ですが、TPEは比較的難しいでしょう。

  1. テクスチャ

シリコーンの詳細な性能は TPE よりも優れています。やや硬い素材のため、パフォーマンスが向上します。一部のシミュレートされた手のパターンや詳細はシリコンでのみ表示でき、TPE では十分に機能しません。

  1. 引く

さまざまな理論によれば、シリコーンは 3 ~ 5 倍に伸ばすことができます。また、TPE は 6 ~ 8 倍まで伸ばすことができます。そのため、TPE はより優れた張力とより過激な動きを実現します。

  1. 重さ

同じ体積のシリカゲルは TPE よりも重くなります。正確な重量はメーカーの仕上がりとライナーのレベルによって異なります。

  1. 価格

シリコーンの価格は TPE の数倍です。明らかに、TPE はより多くの生産コストを節約でき、手頃な価格のダッチワイフを購入できます。

  1. 年齢の違い

シリカゲルは高温、低温、酸、アルカリに耐性があります。シリカゲルは腐食性の高い物質を除いて、いかなる物質ともほとんど反応しません。TPE は高温に強くなく、シリコン製品ほど耐老化性もありません。

  1. 匂い

シリカゲルはまったく臭いがありません。TPE は多かれ少なかれガムまたは追加の香料の匂いがします。良い香りがする場合は、購入しないことをお勧めします。香料アレルギーの場合もあるので。

  1. 環境を守ること

シリコーン廃棄物はリサイクルできませんが、TPE廃棄物、ノズル材料、装飾品などは完全にリサイクルできます。明らかに、TPE ダッチワイフの方が環境に優しいです。

  1. 処理性能

シリコーンは加硫および加熱して成形する必要がありますが、TPE は加硫なしで加工できます。シリコーン加工は成形が難しいのに対し、TPEは製造・加工が簡単です。

  1. 健康

TPEと比較して、純粋なシリカゲルはコストが高く、耐熱性に優れ、リサイクルできず、加工には一定の技術的限界があり、燃焼および分解後の製品は単一です。成人向け製品の場合、耐熱性が高いほど耐久性が高く、コストが高く、一定の加工技術の限界があるということは、より多くの投資と資本が必要な製品であることを意味し、通常の小さな工場や小さな工場で自由に生産できるわけではありませんが、リサイクルは不可能ですが、環境保護は重要です。問題はありますが、成人向け製品の場合は独特で、おもちゃがリサイクル材料から再加工されていないことを示しており、さまざまなモラルハザードが軽減され、消費者の健康が確保されています。

アダルト商品は、その特殊性と購入価格の高さから、ライフサイクルが長いのが一般的です。シリコンラブドールを選択すると消費者の健康をより有利に保護できますが、TPEはリサイクルのリスクがあり、市場にも出回っています。TPE素材を使用したダッチワイフが多数出回っており、ドールをリサイクルして改修して再販売する悪質な業者も増えているため、購入する際は必ず正規販売店から購入するようにしましょう。

追加のプレフィックス

ラブドールに使用される素材はさまざまです。その他、普通シリコーン、プラチナシリコーン、オーガニックシリコーン、プラチナtpe、ゼリーtpeなどの言葉も見かけます。ほとんどの資料の接頭語は、販売者の誇大広告です。このギミックは、改善のためにより複雑で高価な材料の使用を排除するものではありません。購入者としては、使用されている素材についてあまり心配する必要はありませんが、完成品の実用性を認識することを学ぶ必要があります。完成した製品はあなたの要件を満たしており、価格はあなたの許容範囲内であるため、購入することを選択できます。メーカーとして、より良い、より実用的な製品を作ることができれば、目標は達成できます。より手間のかかる配合を必要とし、より高価でより優れた材料を使用し、より優れた実用的な製品を作ります。当然、お客様にも認められます。

ダッチワイフがどのような素材で作られているかに関係なく、合法的なメーカーによって製造されたドールを選択する必要があることに注意する必要があります。やっぱり人形は長く使って、長く付き合っていくおもちゃですからね。これにより、一部の悪徳業者が人形をリサイクルしてサブ料金を請求する可能性を十分に回避できます。第二に、品質保証の下、予算内の人形が最高のダッチワイフである限り、予算を超えてダッチワイフを購入する必要はありません。

 シリコーン素材とTPE素材はどちらも本物の人間に非常に似ており、より良い体験をもたらすことができます。ラブドールの素材やドールに関するその他の質問がある場合は、アドバイスを大歓迎です。最も専門的な知識であなたの混乱に答えます。

コメントを残す