Categoriesその他 ライフスタイル 文章 豆知識

リアル ラブドールが生活の中で演じている役割

リアル ラブドールは、以前から物議をかもしている話題です。 というのも、業界大手のラブドールメーカーは、インタビューで「本物の人の体と見分けがつかないほどリアルで、多くの本物の人よりも美しいダッチワイフを作っている」と発言しているからです。

彼らが技術を誇張して大衆の目を引いたかどうかは議論しないことにしようが、そのことが現時点での人間の状況を少し変えたことは確かである。 この輪に足を踏み入れた多くの人が言うように、”人は好きだけど、周りに人がいるのは嫌だ!”ということです。

この一見矛盾するような発言は、実はそうではありません。 ラブドールメーカーのShuriboは、以前のメディアプラットフォームで、ERODORUの巨乳ラブドールを購入した人は、異性の友人が不要になることを表明しています。 彼らが製作する人形は、主要なeコマース・プラットフォームで販売されており、その圧倒的な美しさは心をくすぐるものがあります。

記事の中で、「これらのリアルドールの主な顧客は、想像上のものだけではない」と述べられています。 独身者だけでなく、彫像の工芸品やボディアートを楽しむコレクターもいる。” つまり、人間の特徴や手足を少しずつ精密に反転・複製し、そのお客様、つまり多数のお客様に集中的に販売するのです。

しかし、このラブドールは本当に人間より優れているのだろうか?ピート・カンナラはニューヨーク心理サービスセンターの所長です。ピートは、人形との恋愛が実際の人間との恋愛と異なるのは、人形には感情や対人関係のフィードバックがないためだと説明しています。 人形を愛でることは、その人の感情を図式化することになり、無生物に愛着を持つことはフェティシズムと同じで、想像力次第でどうにでもなるのです。 彼は、人間にとってセックスや親密さが重要であることを強調しています。 “食べる、飲む、呼吸する “という基本的なニーズを除けば、セックスと人間関係はそれらに次ぐ重要性を持っています。

考えて話せる相手とそのつながりを作るのが一番だという人もいますが、人と接するのが苦手、人見知りや社会不安、社会経験の少なさや自意識過剰、相手から打撃を受けたことがあるなど、実はいろいろな心理的理由があり、他のものがいいと思うのでしょう。

親密さは人の人生において重要な役割を果たしますが、社会的孤立は年を重ねるにつれて人々の精神的・身体的健康に壊滅的な影響を与える可能性があります。 人生のパートナーがいない人にとって、最高級ラブドールを愛することは多くの利点があります。 死亡、離婚、別離などでパートナーを失った方、障がいのためにパートナーを得ることが困難な方などは、ドールの恩恵を受けることができます。

表現する機会や「人」の仲間がいるという感覚は、孤独感を軽減し緩和することができます。 さらに、芸術の面では、人間は複雑な生き物であり、人間の本質をとことん研究することは非現実的に思えるかもしれませんが、人体の美しさを研究することは徐々に現実味を帯びてきています。

ラブドールとの深い関係は、人間が現実の社会との関わりを避け、社会から孤立することにつながるのではないかという意見もあります。 しかし、少なくとも現時点ではその可能性は低く、業界が発展し、人間がよりリアルなAIラブドールと対話できるようになれば、おそらくその頃には多くの問題がより複雑になっていることでしょう。

コメントを残す