Categoriesその他 ライフスタイル リフレクションズ 文章 豆知識

中国はエロラブドールの最大の輸出国です

中国はラブドールなど大人の玩具の需要が上昇しており、現在、中国は世界最大の情緒用品輸出国となっている。 これはある程度、新型コロナウイルスによるもので、閉鎖によりパートナー間の分離時間が長くなり、公共の娯楽施設が長期的に閉鎖され、デートの可能性が排除された。しかし、これもより若く、より開放的な人口対性の態度がより広範な文化転換を起こした産物でもある。

中国で一般的に見られる性に対する保守的な態度――多くの性教育作品が禁止され、定期的にネット上の「破廉恥」な内容に打撃を与えている。

我が国のネット規制当局は、ネット空間の「礼儀廉恥」を推進しており、政府も結婚や伝統的な家庭価値観を広めることで低迷する出生率の向上を求めている。しかし、2019年9ヶ月前には、我が国の離婚件数は記録的な310万に達し、これは社会的価値観が変化する兆しである。

個性意識の覚醒に伴い、人々はますます大きな自主権を持ち、新生代の人々は趣のあるおもちゃを使うことに対する考えもますます開放的になってきた。そうすれば、人々は自分を喜ばせる方法を探すモチベーションが上がるかもしれない。

中国国内のダッチワイフ販売台数は西側諸国や日本にはるかに遅れている。しかし、艾媒データセンターの報告によると、女性とミレニアル世代の消費者の推進の下で、中国の初規模の情緒玩具市場価値は1000億元(147億ドル)を超えた。

上海に本社を置く大雪投資コンサルティング有限会社のアナリスト、ステファ・ノエル(Steffi Noel)氏によると、今年1月から6月にかけて、インタネットの検索エンジンで「ラブドール」というキーワードの検索量が急増した。しかし、長期的な国内需要の疫病発生期間中の急増は長期的な重大な成長をもたらすことはないかもしれない。大流行中に購入する人の多くが初購入だからだ。そのうち70%がまとめ買いをしている可能性があります。

それと同時に、海外需要は満足できない。大雪コンサルティング会社の3月の報告書によると、中国で現在生産されているダッチワイフは世界輸出の80%を占めている。注文が急増したのはフランス、イタリア、米国で、主に小型器具とかわいいロリドールだった。

米国、ドイツ、日本は中国の実体ラブドールの主要な販売地であり、これらのセクシーリアルドールは1匹当たり300ドル以上で販売されている。結局、彼らは実体のラブドールエロをタブー視していないので、今では人々はもっと開放的になって、彼らはこれらのものがおかしいとは思わない。中国社会が徐々に情緒的なおもちゃを受け入れ、最終的にはそれを正常な使用と見なしてほしい。

誰もが性を正しく見てほしい。それが自分に与えられる最高のプレゼントです。

コメントを残す