Categoriesその他 ライフスタイル リフレクションズ 文章 豆知識

無性愛症候群が増加している理由。

性への不安

2年前、ある匿名調査で、中国の社会人でセックスをしない人の割合が30%に達し、その人たちは基本的に5年以上独身であるというデータが発表された。同時に、中国人民大学の全国調査のデータでは、最近の若者はセックスを気取らず、思ったほど楽しくないと考えていることがわかった。その中には、独身者だけでなく、若いカップルも多く、セックスへの欲求を失い、不幸になっている。

セックスの頻度が少なくなる一方で、男女の関係におけるオナニーの割合は年々増加しており、「オナニーの方が身体的欲求を解決できて手間がかからない」と、相手に迷惑をかけるよりも自分たちで解決したい、ということなのでしょう。2015年の数字では、同棲している男女のうち、男性が自慰行為をする割合は42%と高く、以前の2倍にもなっています。

この一見矛盾するようなコントラストは、一方では仕事の疲弊に苦しみ、他方ではお互いを満足させられるかどうかという不安を抱えながら疲れた体を引きずって家に帰る、現代の若者が性生活に対して感じている不安や悩みを反映しているのだろう。男も女も自分の性行為に不安を感じ、男は自分の性行為の下手さに悩み、女はお互いに劣等感を抱かないためにはどうしたらいいかと悩んでいる。

このようなお互いの不安を考えると、男も女もよりよい解決策を見出す。男は仕事で頑張っていると言い訳し、女はパートナーの努力に「オーガズムを装う」ことで応え、結局は「自分のため」であり、悪いことではないように思えるのである。だから、パートナーやカップルは次第に見慣れた他人になっていく。

性的解放のチャンネル

一方、性産業の発達は、性的な解放のチャンネルを複数もたらした。高度化するポルノビデオのほか、ラブドールなどさまざまな補助具があり、最近では小型の玩具も多数発売され、女性たちが精一杯の娯楽として、顔の見えない形で宣伝している。 快楽だ。

男女の関係を持続させることの難しさ

不安や補助具の効果とは別に、何よりも男女の関係を維持することが難しくなっていることが原因である。生活の雑事や心の無力感から、安定した関係を培うことができず、「一人でいるより一緒にいた方がいい」という焦燥感から、破局や離婚の割合が高まっているのです。

性の自由

80年代、90年代とは異なり、性の自由という概念がオープンになり、性の自由について言及されることが多くなりました。”一本の木のために森羅万象をあきらめない “とはどういうことか、若者たちは解釈しているのです。

2000年から2015年までのデータを見ると、性的関係の排他性は年々低下しており、生涯に複数のパートナーを持つ割合は、男性では56%、女性では9%から30%に増加しており、真の愛を見つけることは難しく、愛を貫くことはそう簡単ではないことを示しています。同時に、婚外恋愛も年々増加し、男女比は約3倍になり、女性の方が復讐のために行動することが多いようです。

結論:多くの要因が今の若者の性生活の頻度に影響を与え、人生は簡単ではない、より良い性生活を送るために、男女がもう少し本音で、気持ちを伝え合えるようになればいいと思います。

コメントを書く